旅・グルメ

【車で行く】山形県満喫 丸2日コース 2日目【ちょっぴりハードプラン】

※旅行をする場合は、政府、各都道府県からの指示に従った上で、感染対策を十分に行った上で判断してください。この記事は、2020年9月に訪問した際の記事になります。

こんにちは!ぽっぴんです!

【車で行く】山形県満喫 丸2日コース 1日目【ちょっぴりハードプラン】

※旅行をする場合は、政府、各都道府県からの指示に従った上で、感染対策を十分に行った上で判断してください。この記事は、2020年9月に訪問した際の記事になります。 こんにちは!ぽっぴんです! 本記事は、 ...

続きを見る

前回の記事↑は、山形県旅行1日目おすすめルートを記事にしました。

本記事は2日目になります。1日目から読んでいただくと、全体的なルートが分かると思いますので、

是非1日目の記事もチェックをお願いします!

 

さて、山形県を旅行先のひとつに選んだ理由の1つとして、銀山温泉の景色を見たいという理由がありました。

山形県2日目は、ついに銀山温泉に訪れます!

それでは、1日目のルートも踏まえながら、本日のルート紹介です。

2日目のルート紹介

2日間おすすめルート 要:車

1日目

加茂水族館→山居倉庫→玉簾の滝→山形市内のホテルに宿泊

2日目

山形市内→御釜(蔵王山頂レストハウス)→山寺→将棋むら天童タワー→銀山温泉

地図で見ると、こんな感じのルートです。

出典:Google マップ

一度、御釜を見る為に、山形市内から南下し、その後北上していくルートになります。

それでは、各観光スポット紹介です!

御釜(蔵王)

まず2日目の最初に訪れたいのが、御釜です。山形市内から車で1時間程です。

厳密に言うと、所在地は宮城県になりますが、

仙台方面から行くより、山形市内から行く方が近いので、2日目の朝一番に行っちゃいましょう!!

そして、朝一番に行く理由は、もう1つあります。

それは、朝の方が御釜が見える確率が高いのです!

詳しい原理は分かりませんが、午後は天気が崩れる可能性が高いからです。

あるサイトでは、晴れる確率は6分の1との事でした。

そして、私が訪れた時はこんな景色が広がっていました!

圧巻の光景!絶景でした!!

正直、私自身、実際に御釜を見るまでは、山の中に火口湖があるだけの観光スポットと思っていましたが、

実際に見ると、エメラルドグリーンの湖、青い空、色とりどりの山肌が相まって、最高の景色!!

思わず感動してしまう程の景色でした!!

この湖で泳げるかな〜?

↑泳げません(怒)

ここでも写真を1枚パシャリ。この景色を手に入れた感がありますね。

↑の景色を撮影できるポイントは、蔵王山頂レストハウスの先を歩いた所にありますので、車でナビ設定をする際ははこちらを目指すと良いですよ!

蔵王山頂レストハウス

この蔵王山頂レストハウスでは、休憩、トイレはもちろん、ちょっとしたお土産や、

蔵王山頂レストハウス名物「釜カツ丼」が食べられます!

今回は、朝一番での訪問だったので、私は食べませんでしたが、とても食べたかった一品でした。

更に、現在では蔵王名物ブランド豚「JAPAN X(ジャパンエックス)」を使用したカツ丼も食べられます。

是非、お腹が空いた際には、蔵王山頂レストハウス名物、釜カツ丼を食べてみてください!

蔵王山頂レストハウス

所在地:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林地内

営業時間:9:00~16:30

営業期間:4月下旬〜11月頭

電話:0224-34-4001

駐車場:大型車20台、普通車300台

駒草平展望台

また、御釜から少し車で離れますが、「駒草平展望台」からは、

蔵王の絶景と、不帰(かえらず)の滝を見る事が出来るので、

時間が余った際は、立ち寄ってみるのもお勧めです。

山寺(立石寺)

続いての目的地は、蔵王山頂レストハウスより、1時間半程運転した所の山寺を目指します。

山寺は、860年(貞観2年)に円仁が開いた天台宗のお寺になります。

松尾芭蕉が奥の細道の紀行の際に「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んだ地であります。

山寺ですが、なんと一番高い所の「奥の院」まで石段はなんと1015段です!長い・・・

ただ、階段を1段昇るごとに、煩悩が消滅すると言われております。

そんな事を言われてしまったら・・・登るしかない!と言う事で、奥の院を目指し登りました。

大人は300円の巡拝料を納めて、いざ階段に挑戦です!

整備されている部分ももちろんありますが、色々な形の石段があるので、決して、登りやすい階段とは言えません。

体力や足腰に不安のある方は無理をしないでください。事前に自分の体ご相談される事をお勧めします。

ぼくは無理そうだからやめておこう・・・

私(20代)は、日常的に運動もしているので、特に階段を登る事に関しては問題は無かったのですが、少し疲れました。

ただ、必死に登っているうちに、煩悩は確かに消えたかも・・・!?

とても清々しい気持ちになりました!

途中には、冒頭で紹介した、松尾芭蕉ゆかりの地がありました。

そして、1015段登った先に、奥の院に到着しました。ノンストップでここまで登りきりましたが、途中で休憩ポイントもありました。

そして、ここから少し下った所に、「開山堂」があります。

「山寺」とネットで検索すると、よくこの景色の写真が出てきます。

なんと言葉にしたら良いでしょうか。言葉で表すのであれば「聖域」という2文字がぴったりな気がします。

「開山堂」は写真右の建物で、左の赤いお堂は「納経堂」で、山寺内で最も古い建物だそう。

また、この写真右手の階段を登った所に「五大堂」があり、絶景が見られます。

このように、「五大堂」からは、270°の絶景を堪能する事ができます。

写真だと中々この絶景の感じは伝わらないのですが、

1015段を登った達成感と、この絶景が合わさると、とても心が洗われました!

煩悩も消えたし、心も綺麗になったし、山寺最高!※ちょっぴり疲れるけど・・・笑

山寺も非常におすすめの観光スポットです!

最後にインスタ映え間違いなしなしの、おみくじを見つけたので、引いてみました。

水に浮かべると、読めるようになる「水みくじ」というものです。周りのお花が綺麗ですね。

山寺(立石寺)

所在地:山形県山形市山寺4456-1

入山料:大人 300円  中人 200円  小人 100円

参拝に関するお問い合わせ先:023-695-2843

駐車場:観光用駐車場はありませんので、近隣の駐車場をお使いください。

お昼ごはん 〜山形の郷土料理「だし」を食べよう!〜

さて、山寺を降りると、時間はお昼すぎになっている事と思います!

山寺周辺には、ご飯を食べれる所があります。

私は、せっかく山形に来たのであれば、山形の郷土料理「だし」を食べたいと思い、

山寺周辺のお食事処でご飯を食べました。

なんと、山形県の郷土料理の「芋煮」も一緒に食べられる定食があるご飯処がありました!一石二鳥ですね!

「だし」は、写真右上になります。だしは、なすきゅうりを刻んで、そこに青じそやみょうがを入れ、醤油やめんつゆで和えたものになります。

ご飯に乗せたり、冷奴に乗せたりして食べるそうです。

食べた感想としては、さっぱりしてて、体に良さそうで、飽きがこない味で、ご飯が何杯でも進みそうでした!

山寺に訪れた際は、山形の郷土料理が食べられるこちらの定食、おすすめです!

将棋むら天童タワー

朝早く御釜に向けて出発したため、銀山温泉に向かうには、ちょっと早すぎるという場合は、

建物が特徴的な、こちらに寄られる事をおすすめします。

山形と言えば、天童の将棋駒が名産品です。こちらでは、お土産が購入できる他に、

書き駒教室、彫駒教室が開講されているので、興味がある方は、事前にご予約して駒作りを体験してみてください!

ちなみに私は、こちらで将棋駒を購入しました。

この、「左馬」の駒は、天童で生まれた、天童独自の駒だそう。

天童周辺では、福を招く商売繁盛の守り駒とされているからです。

諸説ありますが、「うま」を逆から読むと、「まう」と読めるため、めでたい時の「舞い」を想起させるとか、

色々な説はありますが、縁起の良いものには間違いありません!一家にひとついかがでしょうか!?

将棋むら天童タワー

所在地:山形県天童市大字久野本1273-2

電話:023-653-2222

営業時間:8:00~18:00

銀山温泉

さぁ、山形観光のメイン!銀山温泉になります!

2日間フルで動いた体を癒しましょう!!

銀山温泉は、大正感あふれる、レトロな街並みな温泉街です。

夕暮れになると、ガス灯が付き、なんとも映画の世界のような景観になります。ドラマ「おしん」のロケ地でもあります。

近年、人気の温泉として、様々なメディアにて紹介されています。こちらもインスタ映え間違いなしです!

旅行シーズンには、宿が取れない事もしばしば。早めの予約がおすすめです!

銀山温泉街は夕方、夜の2回歩こう!

銀山温泉の宿に着いたら、夕食前の夕方に一回温泉街を歩き、

夜ご飯を食べた後にもう一度訪れるのがおすすめです!

その理由としては・・・夕方と夜では、銀山温泉街の表情が違うからです!

まずは、夕方の銀山温泉街の景色をご紹介します。

いかがでしょうか!?写真奥の自然の緑色とガス灯が良い感じではありませんか!?

夜の雰囲気も良いですが、少し怪しげな雰囲気の夕方も非常におすすめです!!

また、銀山温泉街の少し先には、「白銀の滝」(下の画像)や、自然や紅葉が綺麗な「洗心峡」もあります。夜になる前に、探索するのも良いでしょう。

食べ歩きとしては、名物「はいからさんのカリーパン」が有名です。

たまたま私が行った時は閉まっておりましたが、今度行った際は是非食べてみたいですね。

 

さぁ、旅館で美味しい夜ご飯を食べた後は、浴衣に着替えて夜の銀山温泉を楽しみましょう!

この記事のサムネイルにもしておりますが、夜の銀山温泉街は本当に心が奪われるくらい綺麗です。

ガス灯に照らされたノスタルジックな街並み、音を立てて流れる小川、木で造られた橋など、どこを切り取っても、最高の景色です!!

温泉街には、いくつかベンチが置いてありますので、座りながら、このノスタルジーな雰囲気に癒されてください。

ガス灯の色は一色なのに、カラフルなイルミネーションよりも心奪われる光景が銀山温泉にはありました。

銀山温泉、本当におすすめです!!山形県に来たら絶対銀山温泉に行かれる事を強く推奨します!!

おすすめ度120%!!

最後に、泊まった宿がどんな雰囲気だったか紹介します!

 

部屋に個室露天風呂がついているお部屋にしちゃいました!1泊25,000円位でした。

テレビもついているし、永遠に温泉に入っていられそうでした!!

ご飯もA4ランク山形牛のローストビーフがとっても美味しかったです!

せっかくの銀山温泉、いつもより良い部屋で堪能しちゃってください!!

以上、銀山温泉の紹介でした!!

銀山温泉

所在地:山形県尾花沢市銀山

電話:0237-28-3933(銀山温泉案内所)

駐車場:共同駐車場あり 旅館に宿泊する場合は旅館指定駐車場になります。

2日目まとめ

2日目は、御釜、山寺、銀山温泉と各所で景色に圧倒されるようなコースになりました。

山形県は、自然豊かで、どこに行っても、癒されるような場所ばかりでした。

日常生活でストレスが溜まっているあなたに、山形県への旅行を全力でおすすめします!!

 

山形県ルート解説は以上になります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

読んでくれてありがとう!!

まだ、1日目のルート解説をご確認されていない場合は、こちらをご確認ください。

【車で行く】山形県満喫 丸2日コース 1日目【ちょっぴりハードプラン】

※旅行をする場合は、政府、各都道府県からの指示に従った上で、感染対策を十分に行った上で判断してください。この記事は、2020年9月に訪問した際の記事になります。 こんにちは!ぽっぴんです! 本記事は、 ...

続きを見る

さぁ、銀山温泉で2日目を終えた訳ですが、次の日は銀山温泉から松島に向かいました。

宮城のおすすめルートは、また機会がある際にご紹介しようとは思いますが、

仙台・松島は行かれる方が多いので、記事にしようか迷っております。

まぁ、それは置いといて・・・

それでは!次の記事でお会いしましょう!

 

 

-旅・グルメ

© 2022 ぽっぴんのひとりごと Powered by AFFINGER5